ドライバーの不規則・長時間労働を改善し、幹線輸送を長距離輸送から中距離輸送に変換・拡大
安定した輸送サービスのご提案を目指すため、2016年1月に浜松市東区豊西町に中継センターを開設。

中継センター説明図
通常の運行一人のドライバーが1泊2日などで関西・関東間全ての工程を担当。ドライバーを入れ替えることで、運行の組み合わせが多様化でき、勤務時間の調整が可能に
中継センター場所